『古方』という日本独自の発展を遂げた漢方治療を中心とした漢方薬局です。

現代主流の「病名治療」ではなく、個々の患者様の状態で選薬となります。

また、自然食や五味の重要性をお伝えして健康的な生活のお手伝いをいたします。


2015年05月29日

薬狩り


田舎っていいです。

山や川に野草が自生し、時に猟師さんが
動物生薬を分けてくれます 揺れるハート

ブログを始めたころにイノシシの胆のう、猪胆のエピソードを書きましたが
ついに・・・もらいました! 

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)鹿の角 ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

都会の薬局さんにはない楽しみではないでしょうか?

漢方のお師匠様の渡邊先生のさらにお師匠の荒木先生は
著書の「七合」のなかで柴胡やトリカブトを探しに山登りをする
エピソードが書かれていてますが、動物生薬となると少し事情が
ことなるようです。


さて、今回のタイトル『薬狩り』というのは奈良時代の鹿狩りの行事のことで
秋になると天皇が鹿狩りをしました。
鹿の角は鹿茸(ろくじょう)といい高貴な薬として一般にはあまり使われず
貴族や身分の高い人が服用していたようです。

現代でも高貴薬としての地位は揺るがず、子宝相談などでその薬効を
見せてくれます。
・・・ただ、高いです。
腎機能、生殖機能を補ってくれます。

山で落ちている角は鹿角膠(ろっかくきょう)といい、成長しすぎて
あまり使うことはありません。
しかし、補腎としての効能はあるようです。
鹿角膠は奈良の大峯山系を登山をしているとまれに見つけますが
完全スルー。
年に1、2回は当局に鹿角膠を持ち込んで買い取ってもらおうとする
おっちゃんが来ますが、ワタクシ、素人ではありませんので
絶対買いません。

DSCN4080.JPG


価値があるのは鹿茸は雄鹿の生後2年目3〜4月ごろから成長が始まり
角に毛皮の薄い膜がある袋角の状態がベストです。
1ヶ月ほどで10センチほど伸びる力強さがあります。
毎年5月中旬から7月上旬が採取時期です。
野菜でもそうですが、旬があるんです ぴかぴか(新しい)

DSCN4081.JPG


角を上部、中部、下部に分けます。上のほうが血が通って柔らかく
上品質となり価格が異なります。

※画像の鹿茸は計量販売、煎じ薬としての販売は行いません。


本日は父が血抜きに必死ですので、漢方相談は僕ががんばってます。



posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 16:12| 三重 ☔| よいとこせ日誌 | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

知ってはいけない漢方




さてさて、インフルエンザも一段落。



そんなこんなで・・・
雪も積もって雪山登山を満喫しています。
三重にはカッコイイネーミングの山がイッパイあります!
もちろん、登り応えも十分手(グー)

先週は『竜ヶ岳』に行ってきました〜
稜線が長く鈴鹿山脈の景色を楽しめるのと「竜」と言いながらも
まさかの1099m。。。      ←微妙・・・

低いがロングコース!
竜の背のように稜線を上り下りして進みます。
十分な積雪でスノーシューで無駄に遠回りをして遊びました わーい(嬉しい顔)
山好きには幸せな世界です。

おっ!


この流れは久しぶりに「山岳漢方」の新ネタかと思わせ

実は・・・


今頃、インフルエンザの話。

最近はインフルエンザにも漢方を使う病院が多くなりましたが
ベースは「麻黄」を使った処方が多いようです。
発汗で治すのも有効ですが、体が弱い方には実は「牛黄」を使うと
激しい発熱が抑えられて予後の弱りを防げます
牛黄剤は動物性生薬なので即効性がありオススメです。


あと、血に熱を持っているときに「地竜」を使います。
ここでやっと前フリの「竜ヶ岳」と絡む!  笑



地面にいる竜・・・
何だともいますか?



20代女性の患者さんにインフルエンザの漢方として地竜エキス錠を
出しました。(通常の風邪にも有効)
後日、安定して回復してくれてそうです。


ただこの薬は極めて危険です! 爆弾爆弾爆弾
特に年頃の女の子は発狂してしまうかもしれません。



買いに来てくれた
お母さんと妹さんにはそっと地竜の正体をお伝えしました たらーっ(汗)


地面の中でいる、ミミズさんです。
釣りのエサになるミミズちゃんです。
夏に道路で干からびているミミズ氏です。    くどい


地にいる竜がミミズ。中国人のネーミングセンスは抜群ですね。



お母さん、妹さんは絶句。。。
衛生管理されたミミズと説明してお渡ししました。
知らないほうが幸せな世界はあるのです 失恋


地竜.JPG


錠剤以外にも顆粒もありますのでお好みで 黒ハート
乾燥したミミズを煎じるベテラン患者さんもいらっしゃいますが
到底マネできません。


覚悟して漢方をお楽しみください。




posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 15:53| 三重 ☁| オススメ漢方! | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

キセイ病


明けきってますが、おめでとうございます ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

節分の雰囲気が近づく中での新年挨拶。。。ふらふら
それなりに忙しくさせていただいているのでブログがお留守になってスミマセン るんるん


さてさて、年末年始はいかが過ごされましたか?

この年末年始とお盆にはある種のストレスで漢方相談をされる方が
増えます!
結構、増えます!
なかなか増えます!!



仮称  キセイ病

結婚後の女性のみに発症。
義理の親との接触で極めて悪化。
お盆、年末年始が過ぎると必ず治る。
精神的重圧からくる全身症状。
症状に対して旦那の不理解がよく見られる。




結婚されて間もなくても、結婚10年以上たっても相手(旦那)の実家に
帰るのが鬼ストレスで体調不良になるお嫁さんだけが発症する難治性の病です。

夫婦二人で帰ろうが、子供をつれても絶不調になります。
この相談の難しさは、まだストレスを受けていないので何も症状がない時点の相談
のため前回の状態を思い出してもらい予防線を張るしかないということです。


義理のご両親から嫌がらせをされているわけではないのですが
寝込んでしまったり、下痢が続いたりと悲惨な状態で旦那の実家で過ごすハメに
なりさらにストレスが増強します バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



とにかく、大変なストレスを漢方で支え、時に下痢を止め
時に心臓を鼓舞する漢方を考え処方します。

『これが特効薬』というのはありませんが、幾分楽になって
くださるようです。
甘い薬で緊張を緩めることはよくします。



ただ、こういう帰省によるお嫁さんのキセイ病をどう考えるかです。


年二回の数日を我慢できないのか?
仮にも親やぞ!
嫌がらせしてない!
何が不満?                  あー怖っ


いろいろ御意見があると思います。
このブログを読む方の中で義理の親に当たる方は気持ちよく読めない
話と思いますが、体調を崩すまで考えているお嫁さんもいることを
お伝えしたいだけです。


ただ嬉しいことに ぴかぴか(新しい)

以外に多くのお嫁さんは義理のご両親を嫌っておらず、大切に迎えてくれるのも嬉しいけど
かえってそれが「重い」そうです。
「行かなあかんねんけど、どうしよう?」という言い方をして相談されます。
悪口は全く言わないのがこのキセイ病の特徴です。  笑

posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 15:25| 三重 ☔| オススメ漢方! | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

漢方のおまけ


こんにちは
今回はオマケの話、お化けじゃない。

小さい患者さんは「妖怪ポッチ」とか「シバニャン」と
すこしズレながら妖怪に取り付かれているようで。

ゲーゲーしたのは妖怪のせいだと言って薬を飲んでくれています揺れるハート




さぁ、久しぶりの三七人参の現在進行形の症例です。
50代の女性に血糖と更年期障害の漢方相談で三七人参を選薬しました。

選薬理由は、柴胡証という肝機能の症状があったので小柴胡湯に
しようかとも考えたのですが、血糖の相談なので柴胡と似た薬効も
みせる三七人参を考えました。
腎機能の弱りでデトックスが不調なら解毒担当の肝臓がサポートして
無理しているのは当然です。
更年期ののぼせも三七人参がクールダウンしてくれます。

あと数年前に大きな手術をされているので三七で瘀血もとれるのですが
経験上、もうちょいサポートしたい&ダイエットという女性の願いを叶える
桂枝茯苓丸に大黄を加えた丸剤を追加。
糖尿の治療において瘀血処理は重要です ぴかぴか(新しい)
肝臓や脳は毛細血管の塊だ、というのはよく言われますが、腎臓も
実は毛細血管の塊です眼鏡


さてさて、そんな選薬理由からこの二つの漢方で2週間。。。

先日、再び来局。
入ってすぐ顔色が前回よりも良い、赤みがしっかりしてる?
更年期障害ののぼせが悪化?
冷や冷やして「調子、大丈夫ですか?」と聞くと


かなりの好調 ぴかぴか(新しい)ということで、気分の落ち込みや無くなって体が
ポカポカ 晴れ温かくなってきたとのことで
すごく元気になってくださっていました わーい(嬉しい顔)
胸のつまりもとれて楽だとのこと グッド(上向き矢印)
(この方の胸のつまりは水滞極まってのつまりなので、お薬代が膨らまないように
食養生のみで対応。しっかり食養生を守ってくれているようです 黒ハート


なによりご本人が喜ばれたのは手術痕がキレイになってきている
ということでした ぴかぴか(新しい)
ご主人にも状態が良くなっていると言ってもらえた様でとても嬉しそうでしたるんるん
手術痕の話は最初の相談時には聞いていなかったので僕も嬉しかったです るんるん


どんな手術をしても必ず瘀血は出来ます、縫合部分は特に。
今回は三七と桂苓丸の二段構えで対応していますから、このオマケは
当然といえば当然ですが、手術や事故の後時間が経てば瘀血は漆のように
硬くなり一般の漢方では取れにくくなります。
注意が必要です。

近所の30代の女性は神戸で交通事故後すぐに来局して瘀血処理をして
という漢方のベテラン患者の方もいらっしゃいます。
その後ちゃんと妊娠もしています。

まだ本命の血糖の結果は出ていませんが、糖尿だから腎臓オンリーの
治療は間違いです。
腎臓が弱っているならそのしわ寄せを受けている臓器もあります
腎臓をかばっている臓器も過剰に働いています。
それも見つけサポートできる考え方と治療が漢方ではないでしょうか。

「証」(体のサイン)を診てまた最適な漢方を選べばオマケはついてくる
ことが多いです。



年内のブログ更新が怪しいので最後に挨拶をしておきます

良いお年を〜 ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

28(日)29(月)臨時営業
30〜1月5日 お休み
6日10時から通常営業です。

posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 11:36| 三重 ☀| オススメ漢方! | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

サジ加減が良い加減


こんばんは
ついに金剛山に積雪、いよいよ雪山シーズンですね。


書いても多くの方は 『どうでもいいやん、雪降ったら寒い』 と
思われますが、僕にとっては一年のピークですので閲覧者がなんと思おうと書きます
書きます。何度でも 雪雪雪雪雪


書くのなら
炎上するまで書きます 爆弾
冬の山 雪



さぁ
軽く言いたいこと書いたので漢方の話ですね。雪山の挨拶でしたが話は
まさかの匂い、鼻の話です。
この文脈の無さが「よいとこせ日和」の醍醐味! ぴかぴか(新しい)
まじめに流れを作って日記を書くほどの器はございません わーい(嬉しい顔)
おほほほ


最近、匂いに関して相談が何件か続いて良い結果が出ていますのでご報告。

60代男性  
とにかく激務でも働きまくり、早口でしゃべりかなりの熱実証。
鼻は肺経に属し熱で不調をきたすので黄連解毒湯加大黄で
熱を冷ます。
10日で快癒。体が軽く仕事がしやすくなったとのこと。
黄連解毒湯自体が即効性があり薬味薬性が整っているので
証が合ったようです。
大黄を加えたのは頑張りすぎで頭に上った血熱を下すため。
頭(鼻)の充血を取ります。
この大黄がミソです ひらめき
       


80代女性  
肺病で回復後、においを感じなくなる
今年のキンモクセイの匂いを感じなくて気がついたとのこと。

年齢的に弱っているが冷やす方剤を気持ちよく感じるらしいので
上記の男性と同じ黄連解毒湯加大黄だときついので黄連解毒湯を
通常使用量の半分で服薬指示。好調で同薬を継続中。

オウゲ.JPG


60代女性  
若いころより両鼻に鼻茸で完全鼻閉状態(手術後、数回再発)
鼻の外形にも変形が見られる。重度の鼻茸。
手術をあきらめて漢方で治したいとのこと。

とにかくよく飲む、一日2リットル以上。
体格はしっかりしている、舌に黄苔がまだらに強く出ている。
柴胡証はないが柴胡剤を選薬、長年の鼻茸で化膿している可能性が
あるので構成生薬の桔実や黄芩がポイント。

鼻茸やポリープは余剰の水分の発散が生んだお邪魔虫なので
発散を助ける麻黄剤、利尿作用の水剤の三種盛りで処方。

一包を飲んだ後、ムクムクと鼻茸がしぼむのがわかったそうです。
継続したら寝ているときに鼻で息をしているとご主人から報告あり。
3週目で右は好調、左鼻がまだ残っているので同処方に
発芽ヨクイニン末を追加。
ヨクイニンは水剤としての効果の他、皮膚粘膜の強化と水滞の除去を
平行して作用してくれるので選薬。継続中。


レストラン
食べ物を美味しく感じ、食べやすいこの季節に無味無臭は辛いです。
早く良くなってもらえれば何よりです。


年齢や体格、養生で漢方は大きく変わります。
上記の60代男性と80代女性では同じ症状ですが、生活も違うし体力も違うので
微妙なサジ加減が漢方の妙技です。


となりのオバちゃんがこの薬効くって言ってたからほしいと言われても
あなたには効かないって事が多い。 不便な薬です。
ロキソニンみたいに大多数に効けば楽でしょうが。。。
不器用な薬ですが、証に合うと一包でも飲むとその効きが感じられる。

不便な中に西洋薬に無い、治療の可能性があるのかもしれません。


さらに不便にも父と子の二人だけで漢方相談をしています。
不便で、不器用。
時代に置いていかれているのか、立ち向かっているのか


あの名言で言うなら


漢方、不器用ですから。




posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 15:48| 三重 ☀| 症例 | 更新情報をチェックする


ブログについて

わかりやすい言葉で治療方法や症例をご紹介いたします。
専門用語(難しい漢字の羅列)や省略用語(アルファベット)は控えてご説明します。
物足りなく感じるかもしれませんが、煙に巻くような説明をしたくないだけです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。