『古方』という日本独自の発展を遂げた漢方治療を中心とした漢方薬局です。

現代主流の「病名治療」ではなく、個々の患者様の状態で選薬となります。

また、自然食や五味の重要性をお伝えして健康的な生活のお手伝いをいたします。


2016年08月26日

夏限定・症例が怪談



こんにちは 
夏ということで、たまには怖い話を。。。
ふたつばかり。。。 





むかーし、むかーしの症例のご紹介です。

実話でありながら、冷静に病と考え選薬しているところが症状を
論理的に証を合わせて、完治させているところが先人たちの優れているところです。
(出典:中神琴溪翁 生々堂治験)


夢遊病 


近江の国、大津の人が来て秘かに先生に語っていう。
私には十六歳の一人娘があって既に婚約をしているが、この娘には
奇病がある。

毎夜、家の者が寝静まると、秘かに起き出でて踊り出すのである。
その舞踊のさまは、まことに絶妙閑雅で、恰も名妓の舞いに似ている。
私はかくれてこれを盗み見ているが、舞いはいつも同じではなく
曲を変えて踊っている。
時間が来ると止めて床に就くのであるが、明朝は常のごとく起きて
普通の人と変わりがない。本人にきいてみても少しも記憶が無い。
狐狸のわざかと祈祷などもしたが治らない。
婚家に知れたらおそらく破談になるであろうと心配で先生の治療を
頼みに来たという。

先生きいてこの証は即ち狐惑病である。
診察の後、甘草瀉心湯を与えたところ、数日してこの奇病は治し
無事結婚し子を産んだ。




憑依病


一婦人が櫃の中に猫のいるのを知らずに蓋をし、二三日後にこれを開いたところ
猫は飢えて怒りの表情物凄く、夫人をにらんで飛び去った。
婦人はあまりのことに驚いて、それ以来奇妙な病気となってしまった。
それは起居動作から鳴き声まで猫そっくりになった(これは憑依症である)。

友人の清水某は先生の話を聞いたので、これに甘草瀉心湯を与えたところ
この病も治ったという。





こわいですねー
こわいですねー
現代で病院にこの病気を相談に言ったらメンタルの方のお薬を
たっぷり出され・・・。

こわいですねー
こわいですねー


ちなみに甘草瀉心湯。あります。
最後にビジネスで終わるなんて

私が一番こわいですねー 



posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 13:09| 三重 ☀| 症例 | 更新情報をチェックする


ブログについて

わかりやすい言葉で治療方法や症例をご紹介いたします。
専門用語(難しい漢字の羅列)や省略用語(アルファベット)は控えてご説明します。
物足りなく感じるかもしれませんが、煙に巻くような説明をしたくないだけです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。