『古方』という日本独自の発展を遂げた漢方治療を中心とした漢方薬局です。

現代主流の「病名治療」ではなく、個々の患者様の状態で選薬となります。

また、自然食や五味の重要性をお伝えして健康的な生活のお手伝いをいたします。


2012年06月20日

骨折の初期治療



こんばんは


今日はいつも来てくれる80代の男性の骨折の治験例です。
この方、元気イッパイで現役の農家サン!

先日、田んぼに水を入れるために石を担いで水道を整備していたら
足に石を落として骨折してしまった、ということで奥様が相談に来られ
相談を受けましたあせあせ(飛び散る汗)
病院には行って治療はしてもらったのですが、時期が時期だけに稲の
世話が必要なので早く良くなってもらいたいとの事でした・・・

ホントはしっかり休んでほしいんですが・・・

処方は骨折では必ず内出血しているので、この血の塊を除いて骨の再生を
促そうと考えました。


桃核.jpg


朝、桂枝茯苓丸
寝る前、桃核承気湯 


瘀血処理といわれる、基本的な治療手段ですが
これをすると多くの治療の場合で漢方薬の効果があがり
治りも早くなります。


今日のお昼に元気に米袋を担いで、挨拶に来てくれました。
もう動けるし、便秘が治ったと喜んでくれましたが・・・
桃の種の油で大便の滑りを良くするので、桃核承気湯の効果手(チョキ)

骨折の経過もいいみたいですし、便秘も解消。
スッキリしたイイ話です。

今年も新米が楽しみですレストラン
posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 19:00| 三重 ☁| オススメ漢方! | 更新情報をチェックする


ブログについて

わかりやすい言葉で治療方法や症例をご紹介いたします。
専門用語(難しい漢字の羅列)や省略用語(アルファベット)は控えてご説明します。
物足りなく感じるかもしれませんが、煙に巻くような説明をしたくないだけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。