『古方』という日本独自の発展を遂げた漢方治療を中心とした漢方薬局です。

現代主流の「病名治療」ではなく、個々の患者様の状態で選薬となります。

また、自然食や五味の重要性をお伝えして健康的な生活のお手伝いをいたします。


2016年04月07日

ハチミツのぬり薬

こんにちは〜
春の陽気で名張の桜が良い感じです
みなさん、桜の花に目が行きますが、僕はひねくれているので
樹皮のほうを見ています。

漢方の『桜皮 おうひ』です。

DSCN4141.JPG

あっ
今日は雨で花びらが散ってます・・・

この流れだと漢方で使う桜皮の話かと思わせておいて・・・



久しぶりに、いやらしいビジネストークです

お花見で美味しいものを食べる季節!
でも、体調不良で美味しいものが食べれないって方も多いと思いますが
以外に多いのは舌炎の患者さんです。

新薬ではなかなか変化を得られないという患者さんがいらっしゃるので
漢方と併用するための塗り薬を作りました。

DSCN4138.JPG

蜂蜜をたっぷり使った甘ーい塗り薬。

蜂蜜は漢方でもよく使う生薬です、今回はグリセリンなども入るので
ハイブリッドなお薬です。和洋折衷?


蜂蜜  甘平 脾胃剤

蜂蜜の甘さは『百薬を和す』という陰陽に偏っていないバランスの良い生薬です。
緊張や痛みを緩め、殺菌力で口腔内のお掃除もしてくれます。
蜂蜜の歴史は古く、仏典、聖書、コーランなどにも記載があります。
古代インド、ギリシャ、ローマと東西問わず優れた医薬品とされています。
血糖の上昇が白糖などと比べ格段に穏やかなので、糖尿病の相談患者さんに蜂蜜の
紹介をすることもあります。




まだネーミングを決めかねていますが、近日店頭デビューです👀
お楽しみに〜
↓ 舌にたらします
DSCN4140.JPG

普段多い相談は

「味がしない」
「しみる」
「真っ赤になってる」
「塩気がしみる」

という相談です、黄連解毒湯や黄連阿膠湯などでの熱をとると
軽快してくださいます。
清熱補気湯なども有効です。
 症状や証(体質)で選薬が変わりますのでネット購入はご注意ください


ボク自身、美味しいものを美味しく山ほど食べたい煩悩の塊の人間なので
今日も花より団子派を応援します



posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 11:01| 三重 ☔| 自家製剤 | 更新情報をチェックする


ブログについて

わかりやすい言葉で治療方法や症例をご紹介いたします。
専門用語(難しい漢字の羅列)や省略用語(アルファベット)は控えてご説明します。
物足りなく感じるかもしれませんが、煙に巻くような説明をしたくないだけです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。