『古方』という日本独自の発展を遂げた漢方治療を中心とした漢方薬局です。

現代主流の「病名治療」ではなく、個々の患者様の状態で選薬となります。

また、自然食や五味の重要性をお伝えして健康的な生活のお手伝いをいたします。


2015年11月10日

三七の故郷 文山研修


こんにちは
久しぶりのブログアップです!

今回は赤土の大地!三七スペシャル!

三七人参が世界で唯一採れる雲南省文山の現地に行き、研究者の方々に最新情報を
教えていただきました。
あと栽培地、三七だけの生薬市場の見学と三七三昧のお話です。
メーカーの企画で参加したのですが、ビジネス抜きの純粋な研修となり
漢方を学ぶ者としては一度は見ておかねばと思っていた地です。
ただ
ワタクシの中国語検定4級は無力でした。 



しかし

内容が一般の患者さんが読まれてもあまり関係がない、研究の話で面白くない話ばかり
ですので、ご注意ください。

加えて

なぜか画像がUPできない!?状態のため文章だけです!
せっかくデジカメを買い直したのに意味がない・・・




研究所では三七の課題について説明を受けました。
@連作ができない
A品種(1種のみ)
B重金属汚染


@連作については日本、アメリカ、中国、台湾、韓国の22社が参加して
同じ畑で区分けされたところで各国技術で解決しようとしているようですが
2015年は20社が失敗、残りの2社も枯れかけている状態だそうです。
連作できないのは病気への抵抗力が落ちるらしく、10数種類の病気が確認されている
らしく、あと一定の大きさに育つと成長が止まるということが連作ができない
最大の理由だそうです。
見学者で土壌のミネラルの問題ではないかと質問した方がいましたが
研究者に対してその質問は・・・ 


A400年栽培の歴史で初めて2種発見されました。
歴史的発見です 
茎の色が緑と紫で違います! 
野生種の研究などで更なる発見や進展が期待されるようです。
野生種は葉の形が違う!! 
葉の形、葉の厚み、長さと細かく状態をチェックし地道な作業が行われています。
中国のよく言われる雑さは全くありません!感心します!
サポニンの含有量や育成スピード、病気への耐性が研究されています。
一本ずつに識別番号が付けられ日本の研究所と遜色ない規模と精度を見学しました。
DNAもしっかりストックしているようです。


B赤土での育成がスタンダードのため研究所のオリジナル土壌開発!
チラッと極秘土壌を撮影したのですが、上記のとおりUPできません 笑
連作への希望も含んでいます!小さな苗がすくすくと育っています。




と、

まぁ、画像をつけないと何とも面白くないのでしょうか
笑ってしまいます 

赤土舞う、24時間営業の三七市場もUPできないのも悲しいし
かわいいミャオ族の女の子もUPできない・・・
三七の花やひげ根を使った料理も載せられない・・・(なかなかの味とえぐみ)


なんなんでしょう
この無力感。。。



ブログは割り切りまして(諦め?)
近日中に店内で文山研修の写真はご覧いただけるように考えています!
お楽しみに〜


実際、自分の目で栽培地を見てわかったのですが、色々なメーカーが
三七人参は「傾斜のある大変なところで栽培していて大変」「連作できない」
「三七を育てると土が弱って草一本も生えない」などと
HPに自信満々で書いていますが、中国の広大な大地で極めて傾斜のない土地で
三七を栽培しています。赤土で水はけが悪いので盛り土をして水はけをよくして
栽培しています。傾斜のある所は・・・ヤギが放し飼いされていました  笑
雑草も生えてるし・・・
連作できない理由も間違えて・・・
ココとアソコのメーカーの人は文山に行ったことないんだと一発で分かるようになりました。
治療には関係ないですが、やたら三七を希少生薬に仕立てて付加価値をつけたいのが
良くわかるHPが多いなぁ  



でもイイ生薬であることは間違いありません!

品種改良や新種発見で更なる飛躍を見せそうな三七を見てきました。
産地を見ないと言えない、三七を掘り出さないと分からない部分があります!
まだまだネットでも少ない情報の世界はあります、DNAや万能細胞とかありますけど
物差しで葉を測って、茎の色を見て調べるアナログ研究はまだまだ生きています。


失礼ながら、中国だから適当に育てていると思っていたのですが
とても丁寧に育てられている三七人参を見て、農家さんや研究者のみなさんの努力を
無にしないためにも、しっかり患者さんを治っていただけるように頑張っていきます!



中国、深かった。




posted by 余以徳斉(よいとこせ) at 17:15| 三重 ☔| 三七人参 ・田七人参 | 更新情報をチェックする


ブログについて

わかりやすい言葉で治療方法や症例をご紹介いたします。
専門用語(難しい漢字の羅列)や省略用語(アルファベット)は控えてご説明します。
物足りなく感じるかもしれませんが、煙に巻くような説明をしたくないだけです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。